Love2Labo

日常の些細なことやどうでもいいことをあなたに。たまに Wordpress カスタマイズ。

スノーボード

【2016-2017】福井県内のスキー場まとめ

更新日:

skiarea_fukui_2016

福井県内のスキー場の場所やリフト料金、オープン日程についてまとめました。

私のオススメ順に紹介します。私はスノーボーダーなので、ボーダー目線でのオススメ順です。

スポンサーリンク

福井和泉スキー場(福井県大野市)

特徴

  • SOYJOYパークというパークエリアあり。3連キッカーが人気っぽい。
  • リフトは2本とこじんまりとしている。
  • 初心者用林間コースは誰も入らないので常に新雪状態でグッド♪
  • アクセスが良いとはお世辞にも言えない。

アクセスの悪さもあり土日でも人が少ないので、私はほぼ毎回ここっていう。完全にホームゲレンデ。

平日イベントデー料金が低め。

子ども料金も安いので家族連れにもオススメ。

営業日程

2016年12月17日〜2017年3月26日予定

12月17日オープン予定でしたが、雪が少ないため延期とのこと。

リフト料金

平日と土日で料金・営業時間が異なるので要注意。

平日

大人 50歳以上 小学生以下 利用可能時間
一日券 3,200円 2,000円 1,000円 8:30〜16:30
午前券 2,500円 1,200円 1,000円 8:30〜13:00
午後券 2,500円 1,200円 1,000円 12:00〜16:30

土日祝

大人 50歳以上 小学生以下 利用可能時間
一日券 4,000円 2,500円 1,000円 7:00〜16:30
午前券 3,200円 1,500円 1,000円 7:00〜13:00
午後券 3,200円 1,500円 1,000円 12:00〜16:30

アクセス

駐車料金

  • 平日:無料
  • 土日祝:1,000円

※駐車料金は普通車の場合

割引イベント

  • 毎週火曜日:リフト券が2,000円。
  • 毎週金曜日:女性はリフト券が1,000円。
  • 第1・第3日曜日:小学生以下はリフト券が無料。

 

スキージャム勝山(福井県勝山市)

特徴

  • 福井で最大規模。というか最長滑走距離5,800mは西日本最大級。
  • リフト8台に12コースとバリエーションが豊富で一日中滑っても飽きない。
  • 関西圏からのお客さんが多く、ジモティーの割合は低め。
  • とにかく人が多く、リフト待ちが常に発生する。
  • レンタルの板がBurton。羨ましい。

間違いなく人気No1ゲレンデ。人が多いので私はあまり行かないけど。誘われたら行く程度。

営業日程

2016年12月17日〜2017年4月2日予定

12月16日にプレオープンイベントあり。

リフト料金

平日と土日で料金は変わらず。営業時間が異なる。また2月1日〜4月2日は営業終了時刻が30分延長。

平日

大人 50歳以上 小学生 3歳〜未就学児 利用可能時間
一日券 4,700円 3,700円 3,000円 1,500円 8:00〜16:30
二日券 8,400円 6,400円 5,000円 2,500円 8:00〜16:30
午前券 3,700円 3,200円 2,500円 1,000円 8:00〜13:00
午後券 3,700円 3,200円 2,500円 1,000円 12:00〜16:30

土日祝

大人 50歳以上 小学生 3歳〜未就学児 利用可能時間
一日券 4,700円 3,700円 3,000円 1,500円 7:30〜16:30
二日券 8,400円 6,400円 5,000円 2,500円 7:30〜16:30
午前券 3,700円 3,200円 2,500円 1,000円 7:30〜13:00
午後券 3,700円 3,200円 2,500円 1,000円 12:00〜16:30

アクセス

駐車料金(法恩寺山有料道路通行料)

  • 全日:1,300円

※駐車料金は普通車の場合

 

雁が原スキー場(福井県勝山市)

特徴

  • 安い。
  • 狭い。
  • ナイターやってる。

あくまでも私のイメージです。人が少ないしナイターもやってるのでじっくり練習するにはもってこいのゲレンデ。

平日のナイターに行ったら自分一人だけしか滑ってなくてリフトが専用機になってた経験あり。

土日は明らかな初心者がありえない場所で座り込んでいることがあるので、危険度はそれなりに高い。

営業日程

2016年12月下旬〜2017年3月上旬予定

リフト料金

大人 子ども 利用可能時間
一日券 3,800円 3,000円
午前券 2,800円 2,500円
午後券 2,800円 2,500円
中間券 2,800円 2,500円 15:00〜20:00
ナイター券 2,800円 2,500円 17:00〜22:00

1本が短いので午前・午後券や中間券、ナイター券がお得に感じるが、すぐ飽きるので回数券(10回/クアッド5回:1,800円)も意外とアリ。

アクセス

駐車料金

  • 平日:無料
  • 土日祝:500円

※駐車料金は普通車の場合

 

九頭龍スキー場(福井県大野市)

特徴

  • いつも和泉スキー場に行く途中で見かける。
  • 平日はかなり安いスキー場。
  • 駐車場終日無料も嬉しい。

意外と穴場。ただここまで来るともう少し先に和泉スキー場があるのでここでは滑らないかな。

営業日程

不明

リフト料金

平日

大人 50歳以上 小学生以下 利用可能時間
一日券 2,500円 2,000円 2,000円 8:30〜16:30
午前券 2,000円 2,000円 2,000円 8:30〜13:00
午後券 2,000円 2,000円 2,000円 11:00〜16:30

土日祝

大人 50歳以上 小学生以下 利用可能時間
一日券 3,800円 2,600円 2,600円 8:30〜16:30
午前券 2,300円 2,300円 2,300円 8:30〜13:00
午後券 2,300円 2,300円 2,300円 11:00〜16:30

アクセス

駐車料金

  • 終日:無料

割引イベント

  • 月曜日:女性はリフト券が20%オフ。
  • JR特別割引:「JRで来ました」というだけで10%オフ。

 

今庄365スキー場(福井県南越前町)

特徴

  • 海を眺めながら滑れるスキー場は県内でここだけ。
  • オープンは県内最速。
  • 今シーズンからスノーボード全日解禁。
  • 土曜日と祝日全日はナイター営業あり。

これまでスノーボードは制限があったので行ったことないです。海見ながらとかちょっと興味津々。

営業日程

2016年11月26日〜2017年3月26日予定

リフト料金

平日

大人 50歳以上 小学生以下 利用可能時間
一日券 4,000円 3,200円 2,800円 8:30〜17:00
午前券 3,000円 2,700円 2,000円 8:30〜13:00
午後券 3,000円 2,700円 2,000円 12:00〜17:00
ナイター券 3,000円 2,500円 2,000円 17:30〜23:00
ナイター共通一日券 5,500円 5,000円 4,500円 8:30〜23:00

土日祝

大人 50歳以上 小学生以下 利用可能時間
一日券 4,300円 3,200円 2,800円 8:00〜17:00
午前券 3,500円 2,700円 2,000円 8:00〜13:00
午後券 3,500円 2,700円 2,000円 12:00〜17:00
ナイター券 3,000円 2,500円 2,000円 17:30〜23:00
ナイター共通一日券 5,500円 5,000円 4,500円 8:00〜23:00

アクセス

駐車料金

  • 平日:無料
  • 土日祝:1,000円

※駐車料金は普通車の場合

割引イベント

  • 雪マジ19:19歳はリフト券無料。
  • 火曜日(レディースデー):女性はリフト券+施設利用券(1,000円分)が1,000円?!
  • 12/16、1/16、2/13、3/6(アミーゴ福井):福井県在住の人はリフト券+施設利用券(1,000円分)が1,000円?!
  • 今庄8:福井・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・三重の県民はリフト一日券が50%オフ(対象日時は後述)

 今庄8 対象地域

  • 12月9日:福井、大阪、兵庫、和歌山
  • 12月22日:滋賀、京都、奈良、三重
  • 1月13日:滋賀、京都、奈良、三重
  • 1月27日:福井、大阪、兵庫、和歌山
  • 2月10日:福井、京都、三重、大阪
  • 2月24日:滋賀、兵庫、和歌山、奈良
  • 3月10日:滋賀、兵庫、和歌山、奈良
  • 3月24日:福井、京都、三重、大阪

 

新保ファミリースキー場(福井県今立郡池田町)

特徴

  • 平均斜度10度と初心者向けというより家族向けのスノーパーク。
  • 土日祝はスノーボード禁止。

行ったことないです。

営業日程

不明

リフト料金

  • 一日券:2,500円
  • 午前・午後券:2,000円

アクセス

駐車料金

  • 終日:無料

 

まとめ

スノーボーダーにオススメなのは圧倒的に和泉スキー場。パウダーでウハウハするのが楽しいです。

今庄365スキー場も今年からスノーボード全面解禁になったことだし行ってみたいですね。

また、六呂師高原スキー場とカドハラスキー場は残念ながら閉鎖しているので掲載しませんでした。

今営業しているスキー場を潰さないためにも、ぜひ今年の冬は福井のスキー場へお越しくださいませ。

-スノーボード

Copyright© Love2Labo , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.