Love2Labo

日常の些細なことやどうでもいいことをあなたに。たまに Wordpress カスタマイズ。

AFFINGER

【AFFINGER4】Google Analyticsで自分のアクセスを除外するカスタマイズ

投稿日:2016/10/23 更新日:

af-logo

AFFINGERではメニューの [AFFINGER管理] → [Google連携に関する設定] でGoogleAnalyticsのトラッキングIDを追加するだけでアクセス解析を行えます。

しかし、これだと自分自身のアクセスもカウントされてしまい、解析に必要なUUやPV等を正確に測定することができません。

この記事ではGoogleAnalyticsの集計データに自分自身のアクセスを含ませないためのカスタマイズを施します。

さぁ、それではカスタマイズを始めましょう。

この記事はAFFINGER4(ver20161020)のカスタマイズ記事です。バージョンが違う場合、動作しない可能性があります。ご了承ください。

af4_336px
稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

自分のアクセスを除外する方法

自身のアクセスを除外する方法は以下の4つです。

  1. IPアドレスで除外する
  2. ブラウザのCookie機能を利用する
  3. オプトオンアドオンを利用する
  4. WordPressの「is_user_logged_in()」関数を利用する

それぞれのメリット・デメリットは以前記事にしていますので、興味のある方はご参照ください。

この記事では [4.Wordpressの「is_user_logged_in()」関数を利用する] を解説します。

参考[STINGER5]Google Analyticsで自分のアクセスを除外するカスタマイズ

 

AFFINGERで「is_user_logged_in()」関数を利用する方法

AFFINGERでは次のファイルを修正します。

  • analyticstracking.php

ソースは次の通りです。(2016/10/23 21:45 修正しました。)

全員同じ内容になります。コピペで全文を書き換えて大丈夫です。

AFFINGER4では[AFFINGER管理] にてトラッキングIDを設定すると $GLOBALS["stdata7"] にトラッキングIDが格納されます。そのため、ソースコードにトラッキングIDを記載する必要がありません。つまり、コピペで大丈夫です。

※念のため、ファイルのバックアップは取っておいてください。正常動作を保証するものではありません。

解説

今回のカスタマイズのポイントは「is_user_logged_in()」関数です。

「is_user_logged_in()」関数はユーザーがログイン状態かどうかを確認するものです。私は自分のブログを閲覧するときは常にログインしているので、この関数を使い自身のアクセスを除外しています。

ソースコードでは、上述したコードの3行目に「!is_user_logged_in()」を挿入し、最後に } を追加しています。

変更箇所はそれだけです。(一部整形はしています。)

 

まとめ

あまり好きではない言葉ですが『コピペで大丈夫』です。

簡単に行える上、とても有効なカスタマイズなのでAFFINGERを利用される方はぜひ行いましょう。

af4_336px
稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

-AFFINGER

Copyright© Love2Labo , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.